切手のさまざまな役割

切手は郵便の事業でなされる数々のサービスの、料金前納をしたその証明としての効果のある証紙です。他の効果としては、宣伝の媒体として利用されたり、骨董品と同じように収集品としての対象になることもあります。切手は、もともとは商品を引き渡す一種の商品券でした。かつて切手手形と名前が付けられていましたが、略して切手と呼ばれるようになったのです。サイズは縦横15ミリから最大で50ミリのものまで色々あります。そのほとんどは、1枚に切り離すことができるように、目打とよばれるミシン目があって、うらには糊が塗られていますが、はがすだけのシール式のものも存在しています。また、切手を古銭などと同様に集めている文化については、郵便事業の大きな財源のひとつになっていますので、欠かすことのできないものです。郵便の料金の徴収だけにとどまらず、国家の政策や文化を宣伝する媒体としての、実用的な使用方法も大変注目されているのです。

切手のさまざまな役割貴重な切手がたくさんある博物館シール状の切手について転売を考えて切手を購入し、オークションを利用する方法
切手の保管にはアルバムが便利ですストックブックで切手をコレクションする場合の工夫について切手の意外な使い方
切手に押してある消印の種類は1つじゃない!切手に関する本を読む事で歴史を学ぶ事ができます東京オリンピックで期待される切手